合宿免許で考えたいメリットとデメリット

運転免許を所得するためには、通学が合宿どちらかを選ぶことになります。

どちらでも免許取得可能ですが、特に若者を中心に人気なのが合宿免許です。合宿免許には様々なメリットがあります。

まずは費用です。

運転技術の習得速度にもよりますが、基本的には通学するよりも合宿は安く済みます。

また2週間から3週間くらいの短期間で免許の取得をできるため、就職活動のために免許を取得したい学生などにとって便利です。

さらに、住み慣れた土地を離れるということで、旅行気分を味わうことができます。

阿北ドライビングスクールを選ぶ人もいます。

実際に海が近かったり、観光地が近い場合もあるので、空いた時間に存分に楽しむことができます。

合宿所があまり人のいないところにある場合は、運転がしやすく、上達できます。特に合宿の場合は毎日運転するので、その上達速度は通学よりも早くなります。



以上のようにメリットはたくさんありますが、デメリットもあります。

まずはまとまった休みが必要ということです。

つまり、会社に勤めている人は利用が難しい現状があります。

また定員があるので、人気の教習所は早めに予約しないと希望する日程に入学できないことがあります。


さらに、道路事情の違いです。



田舎は運転しやすいと言うのは、運転上達にとってはメリットでしたが、しかし、都会で運転する場合、道路事情が多分に異なるので、思うようにいかないこともあります。

このように合宿免許にはメリット、デメリットがあり、自身の事情に合わせて通学にするか、合宿にするか決める必要があります。