合宿免許の知っておきたいデメリット

免許を取得する方法として、通学によるものの他に合宿免許という選択肢があります。

免許取得までにかかるプロセスは同じですが、それ以外では大きな違いがあります。

短い期間で取得できるのは良いことですが、まとまった休みを取ることができない人には実質無理です。

2週間から3週間泊まり込みで講義や教習を受けることになるので、学生さんや、長期の休暇が取れる仕事をしているなどの特殊な環境の人にしか向きません。



土日は帰ることができるプランも見かけますが、それでも難しい人が多いでしょう。


また、毎日知識に触れ運転できるので上達が早い反面、取得後しばらく運転しないと忘れるスピードも速くなる点は知っておかなければなりません。

車の購入予定があったり、親の車を運転できるなど取得後すぐ車に乗れる環境を持つ人に向いています。

また合宿免許は地方で行われる場合が多く、普段とは違う道路状況での取得になることもポイントです。



取得後いざ乗ろうと思った時戸惑う人が多いです。


この傾向は都市部に暮らす人ほど強くなります。
後は宿舎や配車の関係で人数制限がありますので、希望する所に参加できないこともあります。
合宿免許で取得することを決めたら、早めに予約をしておきましょう。

合宿免許では相部屋になることも多いので、同室の人と性格が合わないと合宿中ずっと苦労します。



誰とでもすぐ打ち解けることができる性格の人は大丈夫ですが、極端に引っ込み思案の人は個室があるプランを選ぶなどの工夫が必要です。