合宿免許はコストがかからないから安い

自動車の免許を習得したいとき、ネックになるのがその費用です。
自宅から自動車教習所に通って免許を取得したいのであれば、平均費用はおよそ30万円から40万円を見込んだほうがよいです。

しかも、上手く試験が通らなければ、それだけ費用が上乗せされていきます。



そこで安く免許の取得が出来る方法として合宿免許を利用することが考えられます。
合宿免許の場合、費用は平均で20万円台です。

しかも、合宿免許の場合には、宿泊費や食費、光熱費など生活費込みの値段です。運転免許取得にかかる実質的な費用は、それだけ少ないといえます。

普通だったら、生活費がかかる分、通学免許よりも合宿免許のほうが費用がかかるように思えますが、通学免許のほうが無駄が多い分費用がかかるのです。

例えば、通学であれば教習生が自分の都合がいい土日や、仕事終わりの夕方などに教習の予約をすることになるので、込む時間と空いている時間が生じてしまいます。

キャンセルが出ればなおさら、教官の時間と人件費が無駄になります。しかし、合宿免許であれば、すべてのスケジュールを教習所が決めることができるので、効率的に教習を行う事ができます。



これにより人件費などの無駄を削ることが出来るのです。

免許合宿の方が安かったという声もありました。

それに、合宿を行えるような教習所は、大抵の場合都心ではなく自然豊かな田舎で経営しています。


田舎であれば、技能講習や合宿をするのに十分な広さを確保しても、土地代が安いので大きな負担ではありません。税金も固定資産税は田舎のほうが安くなります。

このように様々なコストが抑えられる分、費用をかけずに免許取得が可能となっているのです。